組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

ベテランアスリートから学ぶこと

ベテランアスリートから学ぶこと

プロ野球はキャンプ・シーズンで、

毎日のように各地から報道されていますね。

 

Jリーグも開幕しました。

 

そんな中、私が注目しているのは

ベテランと言われる選手たちです。

 

鍛え続けるベテラン選手

カズ選手やイチロー選手を筆頭に、

40代、30代後半の選手が活躍しています。

 

これだけ長い間、現役でプレーし続けることは

並大抵の努力ではないだろうと察します。

 

現実に彼らより若くして現役を引退する選手も

多くいるわけですから。

 

オフの間もしっかりトレーニングして、

キャンプでは若手と同じメニューをこなす。

 

納得がいかなければ、その後も個人練習をする。

 

すさまじい努力だと思います。

 

アスリートが特別?

ひるがえって私たちビジネスパーソンはどうでしょうか?

 

彼らのように自分のスキルを維持し、

更に高めていくための努力をどれだけ実践しているでしょうか?

 

目の前のことをこなすのに精一杯で

スキルの向上や自己啓発になるようなことは

しばらくやってない。

 

そんな生活になっていませんか?

 

「自分はアスリートではないから、同じようにする必要はない」

と考える人もいるかもしれません。

 

でもビジネスパーソンも同じだと私は思うのです。

 

ビジネス・パーソンもアスリートと一緒

特にこれから健康寿命と働く期間が長くなれば、

就職した頃に得たスキルだけで40年以上続けるのは

無理があるでしょう。

 

私たちも学び続けなければ、いずれ戦略外通告を

受けるかもしれないのです。

 

組織にいると、いつまでもその環境が続くと

感じてしまいがちです。

 

でも以前も書いたように企業の寿命は短くなっています。

 

そして私たちはより長く働くようになる。

 

だから常に自分のスキルをアップデートして、

社会から必要とされる存在になりたい。

 

そういう意味ではアスリートと何ら変わらないと

私は考えています・・・。

 

今シーズンもベテランの活躍に注目です!

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事