組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

戦力としての学生インターンシップ

戦力としての学生インターンシップ

 

ちょうど一か月くらい前のブログに新卒採用の

インターンシップについて記事を書きました。

 

前回は一日のインターンシップについて触れましたが、

7月15日に掲載された日経新聞の記事では長期の

インターンシップについても紹介されていました。

 

長期のインターンシップ

 

記事のタイトルは『「超青田買い」学生は戦力』

 

一か月以上の長期インターンシップで戦力として雇います。

学生からすればアルバイト代わりですね。

 

特に理系の学生向けの内容が多いようです。

 

人材サービス大手のディップでは社員と学生による

新規事業の組織を設けて、人口知能を使った

離職防止サービスを始めたそうです。

 

企業からするとAIの技術者の採用は難しいので

インターンで学生を確保できます。

 

学生からすれば企業経験もできる良いアルバイトですね。

 

成果は入社時の給与にも反映

 

サイバーエージェントでも一か月以上の長期

インターンシップに参加した学生は100名ほど

いるそうです。

 

またインターン期間に高いスキルを発揮すれば

入社時の給与も変わるとのこと。

 

今年から一律の初任給がなくなり、インターン時の

上司の査定も初任給に反映されるそうです。

 

エンジニアの採用には長期インターンシップは

特に有効なようです。

 

私が勤めていた企業でも1-2か月のインターンシップを

行っていました。

 

あるプロジェクトを任せてインターン期間中に

完了するようにします。

 

それくらいの期間一緒に仕事をすると、仕事への

取り組み方などもよくわかります。

 

いろいろな意味でやはりインターンシップは必要ですね。

 

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事