組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

テレワークを実際にやってみてわかったこと

テレワークを実際にやってみてわかったこと

 

前回のブログを投稿した翌日に、ちょっとビックリする記事が

日経新聞に掲載されました。

 

「日立、社外勤務10万人」

 

日立製作所が2-3年以内に社員10万人が自宅や外出先で

働ける体制を整える、という内容でした。

 

10万人はグループ社員の過半になるそうで、

数としてもかなりインパクトがあります。

 

日立では所属部門を問わず年に何回でも一日単位で

在宅勤務ができる制度があるそうです。

 

17年度の全社員の平均残業時間は月26.2時間と

15年度比で3時間減ったとのこと。

 

2年で全体平均が3時間も減るって大きいですよね。

 

ちなみにアメリカでは8割以上の企業がテレワークを

導入済だそうです。対する日本は17年度時点で14%。

 

政府は20年に30%以上に高める目標を設定しているそうです。

 

テレワークの不安

テレワークで心配されるのが、コミュニケーション。

 

それぞれの場所で働いて充分なコミュニケーションを

取ることができるのか?と不安に感じる人も多いと思います。

 

そこはテクノロジーが解決してくれます。

 

いろいろなツールがあるので、状況に合わせて

必要なものを選ぶと良いでしょう。

 

ビデオ会議、web会議、チャットなどが考えられます。

 

お使いになっている方もいらっしゃると思いますが

ビジネス用スカイプではスケジュールと連動して、

今どんな状態か表示されるようになっています。

 

例えば、今ログインしているか、会議中か、離席中か

などが分かります。

 

マニュアルで表示できるツールもあるようです。

 

「〇〇階の**フロアで打ち合わせ中」「17時帰社予定」など、

居場所やスケジュールを知らせたり

 

「今、無理!」「絶対ダメ」など、取り込み中や集中する

作業をしている時などは、こんなメッセージを表示

している人もいます。

 

中には「私は貝になりたい」と、悲壮感(?)と

ユーモアが感じられるメッセージもあります。

 

こういうのもコミュニケーションのきっかけに

なっておもしろそうですね。

 

チャットではなく話したい時も、「今電話で話せますか?」と

聞いてOKだったら電話にするということもあります。

 

こういったツールを利用することで、逆にこれまでより

コミュニケーションが増えたと感じるケースもあるそうです。

 

部下とのコミュニケーションを補う方法

では上司としてメンバーとのコミュニケーションはどうでしょう。

 

毎日同じ職場で働いていれば、なんとなく雰囲気で

どんな状態か分かります。

 

でもテレワークだとそれができないので、ある程度

意識的に話す機会を作ることが必要です。

 

それを補う意味でお薦めしているのが1対1の面談です。

30分でもいいので、目標や仕事の進捗状況、何か相談したいこと、

スキルアップなどについて話します。

 

頻度は状況にもよりますが、できれば月一回あるとよいですね。

 

この1対1の面談で上司がメンバーの状況を詳しく把握することが

できればテレワークでも充分な成果が出せると私は考えています。

 

テレワークはもう時代の流れですね。

 

「できない」ではなく「どうしたらできるか?」考えてみましょう。

 

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事