組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式ブログ

ビジネスパーソン必見!無茶ぶりにはこう対処する Part 2

ビジネスパーソン必見!無茶ぶりにはこう対処する Part 2

 

前回の記事では「上司が良く内容も確認せず、とりあえず振ってくるパターン」について書きました。

 

今回はもう一つのパターン「能力開発の一環としてあえて難しいタスクを振るパターン」についてです。

 

成長・学びの機会と捉える

 

上司からタスクの目的と内容、期限など説明があったり、さらにはそこから何を学んでほしいか、なども上司が話すことがあるかもしれません。

 

理想的にはそうあって欲しいと思いますが、実際には「何も言わずにとりあえず挑戦させてみる」ことが多いかもしれませんね。

 

期待されてのことですが、それでもあまりにキャパを超えてしまっている場合どうしますか?

 

壁にぶつかった時の対応も見られている

 

私なら人目をはばからず周りを頼ります。わからないことを聞きに行く、できないことをできそうな人に聞きに行く、などなど。

 

そういうところから意外なヒントをもらったり、助けてもらったりします。

 

こんな「無茶ぶり」をされてスキルが無いのに出来っこない!と感じるかもしれません。でもここは「あなたがどう動くか」を見られているのです。

 

ここで「こんなことできません」と言って開き直るのか、とりあえずできることをするのか、どこまでできるのか、上司はそんなところを見ているのではないでしょうか?

 

続きはメルマガで

登録はこちらからどうぞ!

 

 

関連記事

おススメの記事