組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

社員が定着する組織に必要なこと

社員が定着する組織に必要なこと

連続の猛暑日が途切れて少し楽になりましたね。

 

暑いのが苦手な私は少しほっとしています・・・。

 

活況の転職市場

先日厚生労働省から2018年の雇用動向調査が発表されました。

 

転職で賃金が増加した人の割合が

前年より0.6%高い37.0%だったそうです。

比較可能な2004年以降では最高水準。

 

なかでも賃金が1割以上増えた人が25.7%もいたそうです。

 

1割以上増えた人たちを年代別で見ると、19歳以下が最も高く40.0%。

驚異的な数字です。

 

次が20-24歳で35.8%

 

「転職35歳限界説」と言われていた

35-39歳で28.6%が1割以上アップ。

 

40代でも20%台です。

 

尚、この数字は全ての雇用形態が含まれるので

パートなども対象です。

 

ただ50代に入ると、転職で賃金が増える人より

減った人の方が多くなっています。

 

50代の人たちが転職できないわけではなさそうですが、

賃金が下がることを覚悟しての転職となりそうですね。

 

でも経験豊かな50代は中小企業や地方でニーズが高いとも聞きます。

 

条件が合えば良い転職も見つかりそうですね。

転職しやすくなると・・・

これだけ転職市場が活況となってくると、

今いる社員が辞めはしないか、経営者や管理職の方は

心配ではないでしょうか?

 

こんな時こそ社内の体制を強化していくことが

大切だと私は考えます。

 

人事制度を整える

働きやすい環境をつくる

風通しの良いカルチャー

 

社員の退職とは一見関係がないように見えるかもしれません。

 

でも退職する人のほとんどはなんらかの不満を持って退職します。

そしてその多くは人間関係なのです。

 

社員同士で良い人間関係を築くことができれば、

ハラスメントもなくなると私は思います。

 

そういう環境をつくるためには、何か一つだけやっていればいい、

とはいきません。

 

多面的な取組みで風通しの良い組織を作ることが

必要ではないでしょうか?

 

そういった活動を私はサポートしていきたいと考えています。

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事