組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

人生三毛作のための学びなおし

人生三毛作のための学びなおし

2019年最初の投稿です。

読者の皆さまにとって、素晴らしい一年となるよう願っております。

 

私自身は年末年始は地元にこもって、用事を片付けつつ仕事もしながら

静かな新年を迎えました。

 

では本題に入りましょう。

このブログではこれまでも「学びなおし」や

「リカレント教育」について何度か書いてきました。

 

最近はメディアでもこれらのテーマがよく取り上げられています。

 

私が購読している日経新聞だけでも、立て続けに記事が

掲載されていました。

人生三毛作

2018年12月13日掲載の連載記事「ポスト平成の未来学」。

私が毎週楽しみにしている連載です。

 

この回では「学びなおしで三毛作」がテーマでした。

 

人生が70年くらいだった時代では学校を卒業して

一つの会社に勤めあげて定年、老後を楽しむで

ちょうどよかった。

 

でも人生100年時代では30-40年も余生がある。

経済的な不安もあるし、そもそも長すぎて退屈しそうですね・・・。

 

企業側にとっても人生100年時代のキャリアを一つの会社が

用意するのは難しくなるでしょう。

 

そうすると会社に頼るのではなく、個人がいくつになっても

稼ぐ力を持つことが必要になってきます。

 

そんなことから東大の柳川範之教授は「人生三毛作」を

提唱しています。

 

具体的には雇用契約を20年ごとに区切ってキャリア見直します。

40歳、60歳くらいのタイミングで見直していくのです。

 

面白い考えだと思いました。

20年も一つの会社や職種を続けていれば、次にやりたいことも

見えてくるのではないでしょうか?

働ける限り働く

「何事も遅すぎることはない」

これは私のモットーでもあります。

 

そしてそれを実践されている人たちが他にもいます。

 

記事では60-70代の人たちが集まるプログラミングの

勉強会を紹介していました。

 

皆さん楽しそうにスマホ向けのアプリ開発などしているそうです。

 

別の事例です。

 

実は私は昨年の10月に東京都の「ライフプランアドバイザー

養成講座」を受講しました。

 

いろいろなテーマで講義があり、それぞれ専門分野の

講師が担当します。

 

10科目あり、私の記憶に間違いがなければ9人の講師が70代。

一人80代の方もいらっしゃいました。

 

80代の方は横浜から大崎まで電車で来て、

3時間立って講義をして、横浜まで電車で

帰宅されたと思います。

 

大先輩方がこのように活躍されているのを見ると、

「年金を65歳まで受け取れない」などと

文句を言っている場合ではないな・・・と感じました。

 

講師の中には50代の時に本業とは違う分野の勉強を始めて、

今その分野で講師を勤めるまでになっている方も

数人いらっしゃいました。

 

何事も遅すぎることはありません。

思い立った時が「吉日」、その時から始めればいいのです。

 

私がこのタイミングで起業したことも、こういう流れだったのかなと

感じます。

 

これからは「働ける限り働く」が普通のことになっていくでしょう。

そしてそれを可能にするために健康寿命を少しでも長く

していくように心がけたいですね。

 

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事