組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

BeMore

「離職率ゼロ」を目指して

「離職率ゼロ」には2つの意味を込めています。
離職率ゼロにすることで、欠員補充の採用コストや
引き継ぎなどの手間を削減することができます。

社員が「長く勤めたい」と思えるような組織を作り、
社員が定着することで社内のノウハウや知識を蓄積することができます。
これだけでも生産性が改善し、採用コストも削減できますから、
効果は大きいと言えます。
それ以外にも離職率が高い職場で人が定着するようになると、
そこで働く人のモチベーションも上がります。

次に社員が長く勤めたくなるような組織作り。
これは状況によって、いろいろなアプローチが考えられます。
評価制度や勤務体系の変更、研修の導入、福利厚生制度の見直しなど
ニーズをヒアリングしながらご提案します。

サービス

ヒアリング

コンサルティング

  • ヒアリングで現状把握・課題を整理
  • 目指すべき組織のビジョンやゴールを確認
  • カスタマイズしたソリューションの提案

具体例:
評価制度見直し
採用・入社後フォローアップ体制構築
勤務体系見直し
福利厚生制度見直しなど

研修

研修

  • 評価者研修
  • 面接官研修
  • コーチング型コミュニケーション
  • チーム力強化

など、必要に応じてご提案します。
研修だけのご依頼も承りますのでご相談ください。

コーチング

コーチング

経営者や幹部・管理職の方のサポートや育成のために。
コーチングを受ける最大のメリットは新たな視点を得ることです。
私たちは考え方のクセ があるので、一人で考えると今までと同じようなアウトプットしかできません。
新たな視点を得ることで行動を促し、設定したゴールに力強く邁進 する伴走者となります。

新着記事

出社時とは違う、テレワークの人事評価

人事関連の話題

出社時とは違う、テレワークの人事評価

クラウド人事評価システムを提供するあしたのチームが4月に行った調査によると、オフィス出社時と比べてテレワーク時の部下の人事評価が難しいと回答した管理職は73.7%いることがわかりました。なぜ難しいのか、その理由は・・・。

テレワークのコミュニケーション不足を克服する3つのアイデア

コミュニケーション

テレワークのコミュニケーション不足を克服する3つのアイデア

緊急事態宣言から一か月が過ぎ、テレワークにも慣れてきた方が多いと思います。はじめは通勤しなくてラク、と思ったけど、続けてみるとオフィスで働くことのメリットも改めてわかってきました。その一つがコミュニケーションです。

テレワークで成果を出す上司の関わり方

その他

テレワークで成果を出す上司の関わり方

コロナの影響で初めてテレワークを経験している人が多いと思います。そんな中、オフィスで仕事をしている時と同じようにしていると、悪意がなくても結果的に周りの人の邪魔をしている、なんてことが起きています。テレワークだからこそ気をつけたい行動やマネジメント方

非常時こそ求められる情報発信、社員は何を知りたいのか?

組織づくり

非常時こそ求められる情報発信、社員は何を知りたいのか?

こういう時こそ普段以上に経営者や管理職・リーダーは部下やメンバーと積極的にコミュニケーションを取ってほしいと考えています。ある調査によると、社員は経営者の情報発信が少ないと感じている、という結果が出ました。

人気記事

FaceBookのお知らせ

BeMoreの最新セミナー情報をお届け

View

お問い合わせ

お仕事の依頼やご相談はこちらから

お問い合わせ