組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

令和のはじまり

令和のはじまり

 

いよいよ令和が始まりましたね。

 

連休を楽しまれている方、お仕事をされている方、

それぞれの令和の初日を迎えていらっしゃることと思います。

 

私は4月29日に平成最後のお仕事があり、昨日から連休です。

 

今週は連休中ということもあり、人事関連の話題から離れて、

先日行ってきた札幌の話をお届けします。

 

父が北海道出身なので、子供のころから北海道には

何度も行っています。

 

祖父母のお墓もありますし、親戚もいます。

伯父や伯母が高齢なので、久しぶりに行くことにしました。

 

札幌市内の観光はもう何度も行っているので、

気に入った場所だけ行きます(六花亭や雪印パーラーなど)。

 

北海道大学のキャンパスも大好きです。

 

子供の頃は夏休みに行っていたので、芝生の上をゴロゴロ転がったり、

ポプラ並木の木の割れ目に入って遊んだりしていました。

 

セミの抜け殻を袋一杯に集めたのも北大キャンパスでしたね。

なんでそんなに集めたのか、今思うと不思議です。

 

思い出の場所

今回一日だけフリーの日を設けていたので、

白老(シラオイ)に行きたいと考えていました。

 

白老は札幌から特急電車で1時間くらい南に行ったところで、

アイヌ民族の集落があります。

 

アイヌ民族の暮らしぶりが体験できるような施設が昔からあり、

子供の頃に一度行きました。

 

最近、アイヌ民族が正式に先住民族と認められ、

いろいろと動きがでていますね。

 

そんなニュースを見て、昔行った白老のことを思い出し、

また行きたくなったのです。

 

でも調べたところ、今新しい施設を建設中で、

来年4月にオープンするそうです。

 

昔行った時は園内に子熊も飼われていて、素朴な施設でした。

新しい施設がどんな風になるのか分かりませんが、

オープンしたらぜひ行きたいですね。

 

知事交代

また札幌滞在中に北海道知事の交代をニュースで伝えていました。

4期16年務めた高橋はるみ氏から鈴木直道氏に交代です。

 

女性知事から全国最年少知事へ。

 

こういうニュースを見ると、

「やはり北海道には開拓者精神が残っているんだな~」

と感じます。

 

他の自治体で「女性知事から全国最年少知事へ」というシナリオは

あまり見られないと思います。

 

それをさらっと実現させてしまう

北海道の人たちのチャレンジャー精神は

やはり開拓時代から培われたものだなと感じます。

 

鈴木知事は夕張市を窮地から救った実績もあります。

北海道の将来をどのように描いていくか注目していきたいですね。

 

それにしても、いつ行っても食べ物がおいしい!

久しぶりに行って堪能してきました!

 

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事