組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

労使交渉からみる時代のニーズ

労使交渉からみる時代のニーズ

先週は就活について書きましたが、

この時期は労使交渉の時期でもありますね。

 

ここ数年は政府の意向も反映して、

給与を一律に上げる企業が多かったです。

 

経団連が集計した去年の春季労使交渉では

定期昇給とベアを合わせて2.07%アップでした。

 

建設業界の7割が4年連続でベースアップ。

 

小売りや外食の労働組合で構成するUAゼンセンでは

パート一人当たりの平均賃上げが2.47%で

過去最高を4年連続更新。

 

正社員の2.12%を3年連続で上回りました。

今年の労使交渉の傾向

今年も賃上げを要求している労働組合が多いですが、

「働き方」に関わる要求も出ています

 

例えば

「定年後の再雇用の待遇改善」

「65歳へ定年延長と退職金の見直し」

「正規と非正規で賃金一括交渉」

「勤務間インターバル制度の導入」

「非正規社員の一時金の制度化」

などです。

 

人材確保のためにシニアや非正規社員の待遇改善を

進めていきたいところですね。

「時間」よりも「成果」を重視する

また今までのように「長時間働くことが美徳」としている

職場環境では、柔軟で効率的な働き方が難しいでしょう。

 

「時間」よりも「成果」を重視する。

 

多様な人材を集めるためにも、そんな価値観に

変えていく必要があります。

 

それでも「残業代が減ると生活できない」と言う声は

必ずあります。

 

そういう不満に対処するために、残業代が減った分は

一定期間の間、社員に還元している企業もあります。

 

それは賞与の一部であったり、翌月の給与で支払うなど、

いろいろあります。

 

期間限定のこういった施策で社員の考え方を

少しずつ変えていけるのではないかと思います。

 

長い間にしみついた感覚を変えることは簡単ではありませんが、

人手不足は待ったなしのところまで来ています。

 

先週書いたテクノロジーなども活用しながら

この状況を乗り越えたいですね

 

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事