組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

頑張る人を応援したい!

頑張る人を応援したい!

 

今回は人事の話題から離れて、

私が興味を持ったスポーツのニュースについて書きます。

 

お断りしておきますが、私はスポーツはまったくの素人なので、

ここで書くことは全て私の個人的見解です。

 

最近、海外から大きなニュースが2つ飛び込んできましたね。

 

海外で活躍するアスリート

まずサッカー。

 

南米選手権、コパ・アメリカで、チリ戦は0-4で残念な結果となりましたが、

その鬱憤をはらすようにウルグアイ戦では2-2のドロー。

 

「次はウルグアイ戦」と聞いた時に、私は「まあムリだろうな・・・」と

思っていました。

 

南米の中でも特に強いイメージがあったからです。

そのウルグアイにドローとは嬉しいサプライズ。

 

「無理だろうな」と勝手にあきらめていたことが

申し訳なく感じました。

 

南米のサッカーは欧州とも違う独特な雰囲気を私は感じています。

「リズム感」と言ってもいいかもしれません。

 

小さな頃からストリートサッカーで鍛える選手も多いせいか、

自然に身体が反応しているように見えます。

 

より本能的と言うことかな。

 

今回の代表メンバーはいろいろな事情で

若く、代表経験が少ない選手が多いです。

 

そこに数名のベテラン選手が入り、しっかりサポートしているのが

印象的でした。

 

残念ながら次のエクアドル戦でドローとなり一次リーグ敗退と

なってしまいましたが、良い経験になったと思います。

 

もう一つはバスケットの八村選手。

見事NBAのドラフト一巡目で指名されて大きく報道されていましたね。

 

バスケットの本場で外国人としてドラフト一巡目の指名を

受けることがどれだけ大変なことか・・・。

 

慣れない英語環境の中で、英語、大学の勉強、

バスケットの戦術など、学ばなければならないことが

たくさんあったと思います。

 

試合に出られなかった時間もあったと聞きます。

 

それでも自分が出来ることにフォーカスして見事成果を出しました。

 

頑張る人を応援したい!

私自身も留学した経験があるので、こうして海外で活躍される方は

特に応援したくなります。

 

自分の希望で海外に行きましたが、

それでも楽しいことばかりではありません。

 

そういったことも全て乗り越えて成果を出している人を見ると

「すごいな~」と思います。

 

別に国内で成果を出している人がスゴくないわけではありません。

頑張っている人は国内にもたくさんいます。

 

「頑張っている人を応援したい!」

 

最近はこの想いがより強くなってきています。

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事