組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

働き方改革の隠れた特効薬?

働き方改革の隠れた特効薬?

皆さんは「家族留学」をご存知ですか?

 

学生や若手社会人が育児中の共働き世帯で

生活体験をするプログラムのことなんです。

 

幾つかこういったプログラムを提供している組織が

あるようですが、日経新聞には大阪ガスの事例が

紹介されていました。

 

「留学先」の最寄り駅で待ち合わせをして、

子供を保育園に迎えに行き、帰宅後に夕食を準備。

一緒に食事しながら育児、仕事、キャリアなどについて

話すそうです。

 

大阪ガスでは2014年からこういった制度を始めたそうです。

就職時と入社後のミスマッチをなくすことが目標とのこと。

 

18年度の参加者は育児の講習を受け、4回の家庭訪問を経験。

19年1月の最終報告会で育児と仕事を両立するために

同社にあるとよいと考えた仕組みを提案するそうです。

 

他のメディアで紹介されていた事例では、

若いカップルが二人で参加していました。

 

こちらは女性の方が出産後の育児や家事の分担を

男性に理解してほしいという理由で

申し込み参加したそうです。

 

男性の方も実際に体験することで、だいぶ具体的に

イメージできたようでした。

 

こういうことって、これまでは家庭の中で出来たことですよね。

 

大家族で何世代も一緒に暮らしていれば

自然と育児・家事の分担をします。

 

でも核家族化や地元を離れて暮らすことで

身近で体験できなくなってしまったのかもしれません。

 

こういったプログラムを通じて疑似体験できることは

素晴らしいアイデアだと私は思いました。

 

同じ記事では民間企業のmanmaが提供する

プログラムも紹介していました。

 

こういった流れから、育児・家事の分担の偏りが減り、

それが働き方改革にもつながる。

 

この動きはぜひ推進していきたいですね!

 

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事