組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

無期雇用の現実、三者三様

無期雇用の現実、三者三様

 

今日は「無期雇用」について。

 

今年の4月に労働契約法が改正され、

雇用が5年を超える時、労働者が希望すれば

無期雇用に転換することが企業に義務付けられました。

 

今までは「有期」で期間の定めがある労働契約だった人たちが、

「無期」で期間の定めが無い労働契約に変わることになります。

 

非正規社員の待遇を改善することが目的ですね。

 

「期間の定めがない」と言う意味では「正社員」に近いですが、

厳密に言うと「正社員」とは違います(各社の制度にもよります)。

 

人手不足の業界では5年未満でも

小売業など人員確保が難しくなっている業界では

5年を待たずに無期転換している企業が出てきています。

 

7月31日に日経新聞に掲載された記事によると、

小売りや外食などの労働組合で構成するUAゼンセンでは

2割近くの企業が5年未満で無期転換しているそうです。

 

対象人数は12万人、UAゼンセン全体の16%にのぼります。

 

スーパー大手のサミットは1年を超えたパート・契約社員が対象。

 

高島屋は2017年5月から制度を導入して、

すでに2800人以上が無期に転換しました。

 

他の百貨店でも似たような取組みが進んでいるようです。

 

派遣社員は・・・

こういう動きが見られる反面、対象となっている

派遣社員の人たちは意外にも無期転換を

選ばなかった人も多かったのです。

 

理由は「安定より自由」

 

派遣会社で無期社員になると、派遣会社が

配置する職場を選ぶ権利があるので、

無期社員は選べなくなります。

 

そうすると「自由に仕事を選べる」と言う

メリットがなくなるわけです。

 

各派遣会社ではこの改正のために戦々恐々として

準備を進めてきたと聞いています。

 

でもフタを開けてみると、無期転換を希望したのは

対象者の1-3割ぐらいだったそうです。

 

確かに不本意ながら派遣・非正規社員として

働いていた人たちからすれば、無期転換は

ありがたいことだと思います。

 

でも理由があってこの働き方を選択した人にしてみれば

「自由を奪われる」ことになり魅力的とは感じないでしょう。

 

今後の課題

事前に懸念されていた無期転換対象となる前の

雇止めも少なからずあったようです。

 

別の課題として、無期転換しても待遇を変える必要はないのです。

極端な言い方をすると、「期間が無期限に変わっただけ」

でもOKなわけです。

 

まあこの辺りは「同一労働同一賃金」で見直していけば

良いのかもしれませんが・・・。

 

この法改正案を見た時に、「無期転換を希望する人って

どれくらいいるんだろう?」と私は疑問に思いました。

 

誰もがハッピーになる施策というものは難しいですね。

 

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事