組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式ブログ

日本の事情

日本の事情

 

半年ほど前に日経新聞朝刊に「さよなら イラつく私」という記事が掲載されました。アンガ―マネジメントの講座に通う女性について書いた記事でした。

アンガーマネジメント

 

「怒る必要のあることを上手に怒れるようになり、起こる必要のないことは怒らないようになること」というアンガ‐マネジメントの考え方は1970年代にアメリカで始まったようです。

 

日本でもここ数年で講座受講者が増えていて2016年は前年の7割増だそうですから、相当な勢いですね。

 

日本アンガ‐マネジメント協会の方によると、生物的に男性の方が怒りやすく、アメリカでは男性が受講するものらしいです。でも日本では30-40代の女性が多いそうです。

 

この世代は育児や介護などで負担が多くなりがちです。そんなに大変なのに周りを非難するのではなく、自分が変わろうとしている。痛々しいほどの謙虚さを私は感じます。

 

こうしてもらえると嬉しい

 

最近は男性で育児や家事に積極的に参加する人が増えてきているようですが、まだまだ大きなトレンドではありません。

 

男性も外で一生懸命働いて大変だと思います。でも家事に休みはありません。たまには家の中で働いている女性をいたわって休ませてあげて下さい。女性も外で働いているならなおさらです。

 

それが難しいなら、せめて感謝の言葉を伝えて下さい。謙虚な女性たちはそれだけでも満足すると思います。

 

 

関連記事

おススメの記事