組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

2019年から義務化:部下に休暇​を取ってもらうコツ

2019年から義務化:部下に休暇​を取ってもらうコツ

ご存知の方も多いと思いますが2019年4月より

有給休暇取得の義務化が始まります。

 

私がお伺いしている企業で社員の方に

ヒアリングしてみました。

 

「来年から最低でも年に5日の有給休暇取得が義務付けられます。

皆さんの職場で年に5日の休暇を取れますか?」

 

という問いに対して、

 

「みんなで交代して取るので問題ない」と言う回答が

半分以上はあったのでまずは安心しました。

 

ただ、こういう回答もありました。

 

「休めと言われたら休みます」

 

どちらかと言うと消極的な意見ですね。

 

いろいろな思いがあると思います。

「頼みづらい」

「休んで他の人に頼むくらいなら自分でやる」

 

仕事が好きでやっているのに、なぜ無理やり

休まなければいけないのか?という意見もあります。

 

「休む」ことの罪悪感

ただ日本では「休むことに対する罪悪感」を

感じる人がいまだに多いようです。

 

旅行予約サイトのエクスペディア・ジャパンが

2018年9月、世界19か国・地域で働いている

18歳以上の男女を対象にインターネットで調査したそうです。

 

有効回答は11,144人。

 

有休取得率は19か国中最下位で50%。

次に低いオーストラリアでも70%ですから

ダントツで最下位です。

 

日数でも日本は10日で最下位、アメリカ、タイと同数のようです。

 

取得日数が多いのは、バカンス文化が浸透している

ヨーロッパが多いですね。

 

有給休暇を取得しない理由の1位は「人手不足」

 

「責任感が強く、職場の状況を気にし過ぎて

休暇を取らない人が多いのでは」と分析しています。

 

実際、「有休の取得に罪悪感を感じるか?」と言う質問に

日本人の58%が「罪悪感がある」と回答したそうです。

 

もちろん世界で最も高いです。

 

確かに休む時には他の人に頼まなければいけないこともあります。

でもそれは「お互いさま」ですよね。

 

お互いに休んだ時のバックアップをすることで、

仕事が「属人的」ではなくなります。

 

そうすると担当者が不在の時に何か急な事態になった時も

他のスタッフできちんと対応することができます。

 

上位者から行動する

何かを変える時、私はいつも経営者や管理職から

率先して行動してもらうようにします。

 

ですからこの場合も、経営者や管理職から

まず休暇を積極的に取ってもらうことです。

 

そうすることで周りも取りやすくなります。

 

またこれは人材育成の面からも効果的です。

 

管理職が休む間にサポートすることで、

部下の育成にもつながるのです。

 

部下が出来ることがわかれば通常業務の

権限委譲も進めやすくなりますね。

 

そうすれば管理職の皆さんは本来のマネージメント業務のための

時間を増やせることにもなります。

 

経営者や管理職の皆さん、

周りに休んで欲しければ、まず皆さんが休暇を取ってください!

 

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事