組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

残業を減らすための取組み

残業を減らすための取組み

 

 

最近は「働き方改革」が国会で議論されている

こともあり、メディアでこの言葉を見かけない

日はないように感じます。

 

それだけ関心の高いテーマと言うことでもありますね。

 

長時間労働対策

 

働き方改革には様々な取り組みが含まれていますが、

経営者の皆さんの関心が一番高いのは「長時間労働

対策」かと思います。

 

定時に終わることができれば一番です。でもやっかい

なのは残業代が既に生活費の一部となっているので、

残業を減らしたがらない社員もいるのです。

 

月給に占める残業代の割合は8%とも言われています。

急にこれがなくなれば、生活費の見直しも必要に

なりますからね。

 

でもかと言って何もしないわけにはいきません。

残業を減らした分、社員に還元する

 

第一生命はボーナス時に生産性向上に貢献した部署の

社員に現金を上乗せ支給することにしたそうです。

財源は働き方改革で削減した残業代。

 

私がお伺いしている企業でも、残業代を減らしたら、

減らした分を計算式にあてはめて特別手当のように

支給しています。

 

恒久的なものではなくても、数年の間このような

措置を行いながら、段階的に減らしていっても

よいでしょう。

 

金銭面での動機づけなしでは、社員の不満が溜まる

一方になってしまいます。

 

生産性向上の結果、残業代が減っても何もしなければ

社員にメリットはありません。なんらかの形で還元

しないと、頑張った成果を感じられませんからね。

 

他にも毎月30時間分の残業手当の一律支給を始めた

企業もあるようです。30時間までなら残業しても

しなくても給与は同じということです。

 

その結果、ある従業員は前年同月より残業時間を

6割減らしたそうです。

 

還元する方法はいろいろあると思うので、もしまだ

導入されていない企業の方はぜひご検討下さい!

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事