組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

変わる老後の過ごし方

変わる老後の過ごし方

先日平成最後のサラリーマン川柳の優秀100作が

発表されましたね。

 

皆さんはご覧になりましたか?

 

毎回楽しませてもらっていますが、

今回は「働き方改革」、「テレワーク」、「定年・再雇用」が

テーマになっているものが多く感じました。

 

いつも世相を如実に反映していて、とても興味深いです。

 

この後インターネットなどで人気投票を実施して

5月下旬にベスト10が発表になるそうです。

 

どれも秀逸なので選ぶのが難しいですが、

私はこれが好きです。

 

「人生の 余暇はいつくる 再雇用」

 

延びる老後

私は起業したので働けるうちは働くつもりです。

でも会社勤めだったらこの川柳のように感じると思います。

 

私たちの世代は年金の受給開始が60歳から65歳に引き上げられました。

寿命も延びる中、65歳で引退して大丈夫か不安でもあります。

 

フルタイムで働くのは難しいかと思いますが、

65歳以降も働くかもしれません。

老後の過ごし方も変わる

私は老後にやりたいことがたくさんあるので

「定年」を楽しみにしていました。

 

でもこういう時代になった以上、65歳を境に

働くか、働かないかの二者択一ではなく、

働きながら余暇も楽しむ。

 

そんな考え方もあるのかもしれないと最近感じています。

 

最近の60代の方は皆お元気です。

70代、80代でも活躍されている方もいらっしゃいます。

 

65歳で引退するのが申し訳なく思うくらいですね。

 

健康に留意しながら、働いて、余暇も楽しむ。

そんな日々を楽しみにしています!

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事