組織活性化コンサルタント千葉理恵子 公式サイト

働くシニアを増やすために必要なこと

働くシニアを増やすために必要なこと

7月4日に投稿した「人生100年時代、何歳で定年しますか?」

の記事で初めて「70歳定年」と言う言葉使いました。

 

このブログの記事は6月16日の日経新聞朝刊に掲載された

「浮上する70歳定年制」について書いたものです。

 

そして先日9月6日に「70歳雇用努力目標に」という記事が出ました。

 

こうやって時系列で見ると、6月16日に「浮上する70歳定年制」

と言う記事でさり気なく頭出し。

 

9月に入って「70歳雇用を努力目標に」の記事。

なんだか政府の意図を感じるのは私だけでしょうか・・・。

【関連記事:人生100年時代、何歳まで働きますか

 

避けられない流れ

でもこれは避けられない流れだとも思います。

 

日本の労働人口は減っていくばかり。これを維持するためには、

今働いていない人を労働市場に駆り出すか、

外国人を受け入れるしかありません。

 

最近の60歳代の人はとても元気なので働こうと思えば

70歳近くまでは働けると思います。

 

変えていくもの

でもそのためには変えなければいけないこともあります。

 

平成25年4月1日に実施された高年齢者雇用安定法の改正で、

企業に対し、65歳までの、

  • 定年延長
  • 再雇用
  • 定年廃止

のいずれかの対応を求めました。

 

結果、8割の企業が再雇用で対応しています。

 

定年延長や廃止だと、年功序列で高くなった給与を維持して

いかなければなりません。それは企業にとって大きな負担です。

 

ですから「再雇用」として、新たな雇用契約にすることで

賃金を抑えることができます。

 

でも再雇用後の給与があまりに低いと年金をもらった方が得、

として年金生活を選ぶ人も多いようです。

 

今後政府としては、年金制度や雇用制度の見直しを進めて、

高齢者雇用を促進していくのでしょう。

 

私たちは何歳まで働くのかな・・・。

いずれにしても健康であることが一番ですね!

 

【関連記事:人生100年時代、何歳まで働きますか

 

関連記事

千葉理恵子

2020年06月10日

おススメの記事